条件で絞り込む

特集から探す

で絞り込んだ公式記事一覧

filter-articles
image-main-article

WAKEAU流・菊池の楽しみ方!菊池市の基本情報、おすすめスポットまとめ

 今回は、2021年10月からお楽しみBOXの販売を開始した熊本県北部のまち、菊池市を紹介します。1 菊池市とは(1)菊池市の基本情報①地理 菊池市は、熊本県北部に位置しています。南西部は熊本市と隣接し、北部は大分県日田市と隣接する地域です。熊本平野の北東の端から阿蘇外輪山にかけてを市域としており、菊池川の上流に当たります。 アクセスは、阿蘇くまもと空港からは比較的至近で、車で約30分。公共交通機関を使う場合は、空港ライナーで肥後大津駅へ(12分)移動した後、肥後大津駅からバスで約40分かかります。JR熊本駅からは、車で約1時間、バスで約70分かかります。②人口 菊池市の人口は、令和3年11月時点で47,489人。10年前の平成23年11月末時点の人口は、51,229人であり、ここ10年で約7%の人口が減少しています。③歴史 菊池市は、2005年(平成17年)に、旧菊池市、菊池郡七城町、旭志村、泗水町の1市3町の新設合併によってできた市です。 旧菊池市は、1956年(昭和31年)に、隈府町、菊池村、河原村、水源村、竜門村、迫間村、花房村、戸崎村の1町7村が合併し、菊池町となった後、2年後の1958年(昭和33年)には、菊池町が菊池市となっています。 江戸時代には、熊本藩の中で、穀倉地帯として知られ、非常に質の良いお米を作っていたそうです。 中世には、平安時代後期から戦国時代まで熊本県北部で活躍した武士の一族の菊池一族が治めていたことが知られています。菊池一族については、菊池市役所政策企画部の中に菊池一族プロモーション室を設けるなど、市一丸となってプロモーション活動を行っています。④その他 菊池市の地名である「隈府(わいふ)」と「wife(妻)」が同じ読み方であることにかけて、「おしどり夫婦の里」「妻(wife)を大切にするまち」としてPRを行っており、平成17年から「夫婦の手紙・絵手紙コンクール」を開催しています。優秀作品に選出された作品は11月22日の「いい夫婦の日」に表彰が行われ、市内施設での展示が行われています。 また、2021年5月には、内閣府からSDGs未来都市に選定され、SDGsの取組を推進しています。特に、里山の恵みに人々が集い、農家・ITベンチャー・学術機関などの人々がつながることを通じて、カーボンニュートラルや地域の活性化の実現を目指しています。(2)菊池市の産業 菊池市では、地域経済の活性化に関して「農業」と「観光」を両輪に取り組んでいます。①菊池市の農業について 菊池市では、美しく豊富な水資源を活かし、多様な農業が営まれています。 江戸時代から続く九州でもトップクラスの米所であり、稲作が盛んであるとともに、肉用牛の生産を中心に畜産業も盛んです。 野菜では、「菊池水田ごぼう」がGI(地理的表示)の登録をされています。この菊池水田ごぼう、水田で栽培するごぼうであり、一般的な畑地で栽培するごぼうと比べて肌が白く曲がりが少ないという外観上の特徴に加え、柔らかくあくが少ない、という特徴があります。 さらには、メロンやいちご、栗といった果物も栽培されており、多様な農業が可能な土地になっています。 菊池市でのユニークな取組として、安全で安心な農林畜産物を生産供給するため、市独自の農産物栽培基準である「環境王国菊池農業生産基準(通称:菊池基準)」を策定しています。JAS認定やくまもとグリーン農業宣言などとも連携し、独自の基準で、化学肥料や農薬の使用回数を低減した農産物の生産を後押ししています。 この「菊池基準」を満たした農産物は、インターネットショップ「菊池まるごと市場」でも販売されています。②菊池市の観光について 菊池市は、自然と緑を活かした観光に強みがあります。 近隣の山鹿市、玉名市、和水町との3市1町合同で、菊池川流域のストーリー「二千年にわたる米作り」が日本遺産に認定されています。 近年のトピックとしては、熊本地震からの復興のシンボルとなる菊池渓谷の入谷再開、ビジターセンターの整備、小学校跡地へのエミュー観光牧場の誘致、菊池一族歴史街道として、福岡県の自治体との広域連携の取組を行ってきています。 菊池市のおすすめ観光スポットについては、このあとご紹介します。2 オススメ観光スポット(1)菊池渓谷 菊池の観光といえば、まずはここ、菊池渓谷です。 「癒しの里」と銘打つ菊池市の象徴的スポットであり、農業をはじめとする産業や人々の暮らしの基盤となる菊池川の源流となっています。 環境省が選定する「日本名水百選」にも選ばれています。 阿蘇外輪山の北西部の標高500~800mの間に位置し、約1,193haの広大な面積の渓谷地帯です。敷地内は、うっそうとした広葉樹で覆われ、その間をぬって流れる清水は、大小さまざまな瀬と渕と滝をなしています。変化する渓流と、美しい森林からなる絶景が楽しめるスポットです。豊かな自然が残り、オオサンショウウオの生息も確認されています。 夏場でも渓流の平均水温が13℃と低く、広葉樹が強い日差しを防ぐので、避暑地として知られています。また、秋は自然のままの紅葉を、春は新緑の景色を五感で感じられます。 渓谷内は、遊歩道も整備されており、本格的な装備がなくても、日常の服装・靴でハイキングを楽しむことができます。 入口ゲートでは、ガイドマップを入手することもできます。往復1km、所要約30分の気軽な「癒しコース」と、往復2km、所要約1時間の「マイナスイオン満喫コース」がおすすめのコースとして示されており、都合に応じて森林浴を楽しめます。 また、この菊池渓谷は、2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害を受け、約2年間閉鎖を余儀なくされました。震災直後は、巨木が倒れ、崩落した巨大な岩や土砂によって、渓流が塞がれたり水が濁ったりという被害が出ましたが、地元の方々の懸命な復興に向けた取組もあり、2018年3月に再オープンにこぎつけ、現在では再びその美しい自然を見ることができます。(2)菊池神社 菊池神社は、1870年(明治3年)創建。菊池一族のうち、南北朝時代に活躍した第十二代菊池武時公、第十三代武重公、第十五代武光公が主神として祀られている神社です。菊池城の本丸跡地に建てられています。 菊池神社の東側の道路にある駐車場に車を停めて、境内を目指します。入口から、階段を覆うように幾重にも重なる鳥居が構えられています。この鳥居を抜けた先には、開けた広場が。広場には、銅像も建てられています。市街地から少し登った丘の上に位置していることから、この広場からは市内の様子が一望できます。 ここには、稲荷神社、生目神社が合祀されており、商売繁盛の神様として、市内で事業を営む多くの人が参拝します。自動販売機には、キャラクター化した菊池一族のイラストも。 広場を抜けると本殿に到着。緑に囲まれ、心静かに参拝することができます。 境内の中には、歴史館があります。神社創建50周年に当たる1920年(大正9年)に設立されました。菊池一族ゆかりの古文書、武具、能衣装や能面などの文化財が展示されています。 特に人気の季節は春。桜が美しく咲き、散った花びらがじゅうたんのように参道を覆います。多くの花見客で賑わうスポットです。(3)道の駅「七城メロンドーム」 菊池市内の七城地区の田園の中に突如現れる巨大なメロンの半玉。こちらは、道の駅の七城(しちじょう)メロンドームです。 ここでは、菊池で栽培されたメロンや米、野菜などの農産物を入手することができます。 オリジナルのピクルスや、ゼリーシャーベット、ジャムや米粉を用いた麺などの多種多様なギフト商品もラインナップされています。 中でも、建物の名前にもなっている七城メロンにはかなりのこだわりが詰まっています。水はけのよい土、夏は暑く冬は冷え込みが厳しい盆地型気候、豊かな水資源に加え、与那国島の化石サンゴを粉末状にした肥料を使用しています。また、このメロンドームで販売しているメロンは全て光センサー(糖度測定器)で計測され、糖度14度以上の甘いメロンだけが店頭に並ぶよう工夫されています。メロンは、昼夜の気温差が大きい時期ほど甘くなるため、5月〜6月のメロンが一番甘いらしいですよ。 昼の時間帯はレストランも運営されているため、昼食を取ることも可能です。ゆったりとランチを楽しんだ後は、菊池の名産品をお土産としてゲットしましょう。(4)菊池温泉 官民一体となったプロジェクト「温泉総選挙2020」では、歴史・文化部門で神奈川の箱根温泉などを抑え、全国1位を獲得した名湯。 昭和29年に湧出した、比較的新しい温泉街です。村川翁という人物の夢枕に、白龍のお告げがあり、温泉を掘り当てたという逸話があり、毎年8月には、この白龍伝説にちなんだ「きくち夏まつり」が開催されています。 温泉の泉質はアルカリ性単純温泉(pH 9.19)であり、疲労回復・美容・健康増進・リウマチ等への効能があります。無色の湯は、別名「美肌の湯」「化粧の湯」と呼ばれるほど肌ざわりがよく、風呂上がりに石鹸で洗ったみたいにすべすべになる、と驚く人もいるとのこと。また、飲用も可能となっています。 温泉街には約10軒ほどの温泉旅館が点在しています。温泉街を訪れたら、これらの温泉旅館で利用できる、「周湯券(しゅうゆけん)」の利用がおすすめ。1,000円の料金で3回分の入浴券となっており、1人で3軒回るもよし、家族や友人と分けて使うもよし、旅館の温泉をお得な価格で利用できます(通常の入浴料は約500円)。 また、温泉街には複数の足湯スポットも設置されており、こちらは無料で楽しむこともできます。3 まとめ 菊池市の魅力をご紹介してきました。ぜひ「癒しの里 菊池」に足を運んでみましょう!

0
image-main-article

WAKEAU流・糸島の楽しみ方!

 WAKEAUでは、地域の魅力的な産品をお届けするだけにとどまらず、地域の楽しみ方や魅力の発信も行っていきます。 第1弾は糸島です。糸島の基本情報やオススメスポットをほんの一部ご紹介します。(トップの写真は、糸島のシンボル可也山(かやさん)。東西南北それぞれの方角から様々な顔をのぞかせる標高365mの山です。)1 糸島の基本情報 糸島市は、福岡市中心部から車や電車で約40分。糸島半島の中央部と福岡県の西端を市域としていて、北部と西部には海岸線が広がっています。人口は、約10万3千人、福岡県内の市町村では第9位の人口です。 この地の歴史を紐解くと、昔の地名の怡土(いと)と志摩(しま)から糸島の名前はつけられているとのこと。中国の歴史所「魏志倭人伝」に登場する倭国の「伊都国」がこのあたり一帯だったと言われています。 都市近郊型の農業や畜産業が盛んで、山と海と里が混在する美しい自然を味わうアクティビティを楽しむことができます。また、市内北東部には九州大学の伊都キャンパスが広がり、近年は、学都としての広がりも見せています。2 オススメ観光スポットスポット1 桜井二見ヶ浦 糸島といえば、ココ、桜井二見ヶ浦です。海上にそびえる大鳥居と、その先にある夫婦岩が有名ですね。青い海と白い鳥居、砂浜のコントラストが絶景です。 私たちが訪れた日には、残念ながら見られませんでしたが、夕日スポットとしても有名です。 砂浜に降りて間近で見るもよし、高台から望むもよし。近くには、地元の人しか知らない絶好の写真スポットもあるとか。糸島に行く前に、ぜひ地元の方とお話しして情報収集をしてみてください。スポット2 ジハングン 二見ヶ浦から車で約3分、「映え」スポットのジハングンがあります。 ここには、海に面した大ブランコや、自動販売機をモチーフにしたモニュメントがあります。 自然+モニュメントという、日常では味わえない空気のフォトスポットですので、ぜひ一度覗いてみてください。(※ 駐車料金500円がかかります)スポット3 櫻井神社 趣変わって、こちらは、緑の中に荘厳な建築が。 こちらは櫻井神社。1632年に福岡藩2代藩主の黒田忠之公が創建した歴史ある神社です。 近くには、二宮神社、潤(うるう)神社という神社もあります。2020年末に解散した人気グループ「嵐」のメンバーの名前(櫻井翔さん、二宮和也さん、松本潤さん)との関連から、ファン(アラシック)の間では、聖地になっているとか。 2021年夏の時点でも、櫻井神社には、嵐の復活を願う絵馬が多数飾られていました。スポット4 白糸の滝 こちらも糸島観光の定番、福岡県指定の名勝・「白糸の滝」。 その名のとおり、白い糸のように水が流れ落ちます。その落差は約24m! 迫力と静けさが両立したとても神秘的な空間が広がっています。緑に囲まれ、気温も周囲に比べて比較的低め。身も心もキリッと引き締まりますよ。スポット5 かき小屋(冬季限定) 冬の時期のオススメグルメは、牡蠣! 糸島半島の漁港に立ち並ぶ、かき小屋に行くことをオススメします。2021年10月から、約25軒のかき小屋が立ち並んでいます。 採れたての新鮮な牡蠣を、キロ単位で注文。自分たちで炭火などで焼いて食べる海鮮バーベキュースタイルであり、牡蠣以外の魚介類も楽しむことができます。(糸島は鯛の水揚げが多いなど、魚介類豊富な地域です。) お店によっては、飲み物や調味料持ち込み可のところも。 かき小屋に行く前に、地元の人から究極のマリアージュ情報をゲットしてみましょう!3 おわりに 糸島の魅力はまだまだ尽きません。 この記事をご覧になった方は、ぜひ現地の方と交流いただき、ガイドブックにはない地元の楽しみ方も引き出してみてください。 そのとっておき情報を持って実際に訪れてみると、楽しさは何倍にもなりますよ!WAKEAU事務局 鈴木康介

0
image-main-article

地域のリーダー、WAKEAUお楽しみBOXの出荷担当者をご紹介

はじめに 今回は、WAKEAUお楽しみBOXをみなさまの元へと発送している、各地域の「出荷担当者」を事務局目線で紹介していきます。 この「出荷担当者」、梱包や発送といった出荷作業を単に行うだけでなく、商品設計の構想や生産者の方々との連絡調整までを担う、まさにWAKEAUプロジェクトのキーパーソン、地域のリーダー的な存在です。 5つの地域(2021年11月現在)それぞれの出荷担当者が、それぞれの個性を活かすことで、このWAKEAUお楽しみBOXは運営されています。 お届けする商品、その商品を作る生産者の方々に加え、出荷担当者の方々にも思いを馳せていただければうれしく思います。1 糸島〜柚木さん〜 まずは、WAKEAUお楽しみBOXの草分け的存在の糸島(いとしま・福岡県)の出荷担当者、柚木重信(ゆのきしげのぶ)さん。     愛称は「シゲさん」。6次産業化プランナーや農商工連携アドバイザーを務めています。 生まれも育ちも糸島という生粋の糸島人。生産者とも中学の先輩・後輩の関係でつながるなど、地元に密着しています。 また、お隣の博多・中洲の美味しいお店もたくさん知っています。(糸島から福岡市内中心部までは、電車で約40分とアクセスがいいのです。) シゲさんのこれまでの経歴やWAKEAUとの出会いのエピソードなどについては、こちらのブログで詳しく紹介しています。 さて、シゲさん、ブログにあるとおり、約10年教員として仕事をしていました。素行が良くない生徒には熱血指導をする反面、女子生徒からは恋愛相談をされるなど、幅広く活躍していたそう。人と人とのつながりを大事にする背景にはこのような経験があるのではないかと思います。 ちなみに、事務局の女性スタッフが恋愛相談をしたところ、温かくも手厳しいご示唆を受けたとか、受けていないとか。2 指宿〜鈴木さん〜 続いて、指宿(いぶすき・鹿児島県)の鈴木芳乃(すずきよしの)さん。 「いぶすき菜の花大使」として、指宿の魅力を発信中。南国・指宿のイメージそのままに、明るい笑顔で、地域の方々をまとめています。 鈴木さんは1919年創業の老舗菓子店の御菓子司鳥越屋と、グローサリーストアのいぶすき鳥越百貨店を経営しています。 指宿といえば、温泉、砂蒸し風呂が有名ですが、いぶすき鳥越百貨店は、砂蒸し風呂の「砂むし会館 砂楽」の正面に位置。店内では食事をいただくこともできます。 市役所の地域おこし協力隊などとも連携しながら、地域の農家の方々とつながりを拡大中です。(指宿のお楽しみBOXでは、移住者や新規就農者の取組を応援したい!というコンセプトのもと、そういった方の生産した農産物が多いことが特徴です。) こうした地域の中でのつながりに、WAKEAUが役立つとうれしいですね。3 金沢〜箕田さん〜 続いて、金沢(かなざわ・石川県)の箕田啓子(みのだけいこ)さん。 石川で作られたものを中心に販売するオンラインショップ、coco彩果(ここさいか)の店長を務めています。 作り手のこだわりや想いとともに、美味しいものを食卓に届けたいというコンセプトは、まさにWAKEAUと通じるものがありますね。 そんな箕田さんは、美術が専門で、大学院時代には日本画を専攻(大学時代からのお付き合いというご主人は、画家として活躍中!)。得意の手書きイラストなども使って、地元・金沢の魅力ある商品を紹介してくれています。  また、2児の母として、毎日の食事が楽しく、少しだけ身体に良いものになるよう気を遣っています。 明るく、元気に生産者の方々を引っ張っていく箕田さん。加賀百万石の街・金沢の歴史と伝統の中で培われてきた多様な食文化を一緒に発信して盛り上げていきたいと思います。4 珠洲〜浦野さん〜 続いて、珠洲(すず・石川県)の浦野博充(うらのひろみつ)さん。 浦野さんは珠洲出身。自ら農業を営み、ブロッコリー、じゃがいも、かぼちゃなどを栽培しています。 地元を愛し、毎年9月に行われる「キリコ祭り」という地域のお祭りには相当の気合を入れて臨んでいます。(キリコ祭りでは、切子灯篭(きりことうろう)という巨大な灯籠を担いで、町や集落を巡行します。この祭は、文化庁から日本遺産に認定。) キャンプも大好きで、自宅の近くに、能登の海と、すぐそばの畑で取れた野菜を楽しむことができるキャンプ場・プレイグラウンドを設立すべく準備中。バーベキュー向けの焼き肉のタレの開発も視野に入れているとか。 とにかくみんなでおもしろいことをしていこうという浦野さん。 活動的な浦野さんの挑戦を地域の仲間も応援し、このWAKEAUプロジェクトは、珠洲市内の若手農家を中心に動き出しています。5 菊池〜園田さん〜 最後に菊池(きくち・熊本県)の園田光祥(そのだみつよし)さん。 愛称は「ソンさん」。ソンさんは、出身は東京・渋谷。子供を授かったことを機に熊本に移り、その後就農。3年前から菊池に移住し、後継者のいなかったみかん畑の管理をはじめました。農薬や肥料を一切使わずにみかんを栽培しています。 現在は、株式会社竹組という竹林整備やシェアハウスの運営、製材所の事業承継など地域・環境のための幅広い事業を行う会社も経営しています。 ソンさんのTwitterには、「遊び人から社長に転職」の文字が。「遊び人」時代は、全国の音楽イベントの運営や、熊本の有機農業の祭典「ゆうきフェスタ」のプロデュースなどを行っていたそう。 生産者をはじめとする地域の方々からも「ソンさん」「ソンくん」と呼ばれ慕われており、その行動力にみなさんが一目を置くアグレッシブな存在です。おわりに ユニークな5名の出荷担当者の方をご紹介しました。みなさん共通するのは、地域のことを盛り上げたい、という熱い思いです。 WAKEAUでは、こうした地域の方々と連携して、引き続き地域の魅力を発信していきます。WAKEAU事務局 鈴木康介

image-main-article

「地域とつながる」WAKEAUコミュニティサイト、オープン!

【はじめに】 2021年10月、WAKEAUコミュニティサイトをオープンしました。 2021年1月に糸島(福岡県)から始まったWAKEAUお楽しみBOXは、現在、指宿(鹿児島県)、菊池(熊本県)、金沢(石川県)、珠洲(石川県)を加え、計5つの地域から発売をしています。 お楽しみBOXは、地域の「食べる」の魅力を詰め込んだサービスとなっており、地域を応援したいという方に購入いただいています。 このWAKEAUコミュニティサイトでは、お楽しみBOXを購入いただいた方、地域の生産者の方、生産者を取り巻く地域の方々のコミュニケーションを活性化させ、インフルエンサーの方々の協力も得ながら、日本の各地域とWAKEAUの取組を応援していただける方を増やしていくことを目的としています。【本サイトをご覧のみなさまへ】 本サイトをご覧いただいているみなさまには、WAKEAUに参加する地域や生産者の「ファン」として、情報の入手や商品の購入だけにとどまらず、率直な御意見・御質問や励ましのエールなどを投稿いただきたいと思います。どんな人がどんな思いで作ったものなのかを知り、実際に手に取ることで、その消費活動はより豊かなものになるはずです。 サイトの準備段階では、多くの生産者の方から、「買っていただいた方の顔が見えにくい」「実際に食べてみてどう思ったか反応を知りたい」という声をいただきました。購入いただいたみなさまの声が生産者に届くことで励みになったり、生産活動の改善につながったりすると信じています。 また、単に一方的にコメントをすることにとどまらず、生産者の方々とのやり取りによって、現地のみなさんだけが知っている「ガイドブックではわからない」地域の魅力に迫ることもできます。 ぜひこのコミュニティを活用し、みなさまの「第2のふるさと」を見つけ、応援をし続けていただければ幸いです。【生産者のみなさまへ】 本サイトでは、WAKEAUに参加いただいている生産者みなさまの商品へのこだわりや、知られざるストーリーを直接発信いただくことが可能となっています。 まずは、ご自身の「こだわり」を写真付きでアップロードし、ハッシュタグを使って生産品目や趣味の情報を追加してみてください。共通の趣味を持つ方からのメッセージもあるかもしれません! さらに、ブログではより詳細に、商品の紹介、生産に取り組むメンバーの紹介、地域に対する思い・魅力の発信などもしていただくことができます。【最後に】 このコミュニティサイトを、地域を盛り上げたい人と応援する人が集い双方向のコミュニケーションによって地方共創を実現する、そのための一大拠点としていきましょう! 今後、このプロジェクトに共感いただける方に「アンバサダー」や「サポーター」として情報発信していただく仕組みの導入、生産地をめぐる現地ツアーなどの企画など、コミュニティのアップデートを随時行っていく予定です。ぜひ定期的に遊びにきてください!

0
  • 1